今世紀最獣要計画Z

ゾイドワイルドのコミカライズ連載開始!

ゾイドの新しいシリーズ、ゾイドワイルドがコミカライズされます!

 

夏にはアニメも放送されますし、2018年はゾイドがアツいですね!!

 

 

ゾイドワイルドのコミカライズ連載開始!作者 森茶の年齢などプロフィールは?他の作品もチェック!

 

 

そこでコミカライズの作者である、
森茶 先生について、どんな人物なのか調べてみました。

 

 

 

 

 

主なプロフィール

 

ペンネーム 森茶
本名 不明
生年月日 1990年4月24日
血液型 O型
身長 不明
学歴 不明
出身 神奈川県
デビュー作 おとめジェノサイド
主な作品

BULLET ARMORS
(ゲッサン2010年7月号より連載)

 

1990年生まれということは、2018年で27歳ということになります。

 

まだまだ若いですね!

 

 

 

 

 

 

漫画家になるまで

wikipediaより

中学生の時からロボット物の漫画、フラッシュアニメ、3DのCGを創作していたが、
中学3年の時、キム・ヒョンテの画集を見たのをきっかけにイラストレーターを志す。
しかし高校卒業後の2009年、試しに一度だけと思い描いた漫画「OMEGA BLOSSUM」が
GET THE SUN 新人賞準グランプリを果たし、その2ヵ月後の『ゲッサン』2009年8月号に「おとめジェノサイド」でプロデビュー。

フラッシュアニメ、3DCGを中学の時から創作していたってすごいですね!
そして元々はイラストレーターを目指していたらしいです!

 

 

イラストレーターを目指すきっかけとなった、キム・ヒョンテ氏は
マグナカルタやブレイドアンドソウルで有名な韓国のイラストレーターです。
>キム・ヒョンテ氏のTwitterアカウント<
当時の森茶先生はキム氏の圧倒的な画力のイラストに衝撃を受けたんでしょうね!

 

 

高校卒業後に試しに投稿した漫画がゲッサンの新人賞準グランプリを果たし、
その二か月後にプロデビューを果たしています。
初めて投稿した漫画が入賞、そして2か月後にデビューってすごすぎますよね!
まさに天才とも言えるでしょう…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味について

森茶先生は『アーマード・コア』がきっかけでメカ物の作品が好きになったそうで、
最も好きなメカデザインは『鉄騎』だそうです。

これが鉄騎。なかなかシブい!

 

 

また相当のゲーマーらしく、新作のゲームを買うと学校を休んでまでプレイして、
『Halo 2』で全国7位になった事もあるそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森茶先生の他の作品は?

プロデビューの翌年、ゲッサンで「BULLET ARMORS」が連載を開始され、現在も連載中です!

 

 

ゾイドワイルドのコミカライズ連載開始!作者 森茶の年齢などプロフィールは?他の作品もチェック!

 

 

ストーリー (ゲッサン公式サイトより)

意志を持つ機械<トレマ>が人間を襲う世界。
機械好きの少年イオンは、トレマを操る<ブリーダー>のレッズと出会い、ブリーダーに憧れを抱く。
ある晩、街を抜け出したイオンの元へ右腕だけとなったトレマが降ってきて――!!?
「バレット」と名付けた相棒とともに少年は旅立つ……外の世界へ!!!

メカ好きな趣味もあって、漫画もメカ要素強め作品となっています。

 

デビュー作の「おとめジェノサイド」を調べたのですが、画像なども見当たらず詳しい情報はわかりませんでした。
読み切り作品ですので、いずれ出るであろう短編集などに収録されるかもしれませんね。

 

 

コロコロの漫画家としてはかなり画力が高く、今度新連載するゾイドワイルドも期待できそうです!

 

 

 

そんな森茶先生のゾイドワイルドは、来月発売のコロコロコミック5月号から新連載開始です!